理念のない構造改革に

政府与党の医療制度改革大綱案がまとまりました。今回の改革案の目玉であった高齢者医療制度で65-69歳は3割負担堅持、70-74歳は2割へ引き上げとなり、負担率だけを見ても、保険制度の中で高齢者という定義が70歳から75歳に引き上げられただけの結果となりました。
同時に決定された三位一体も、目標である税源移譲3兆円をクリアする為の数字合わせだけとなり、この改革からその理念が消えた形となりました。
65歳を2割に引き下げる意味は、この年齢時に受診を促し、その後疾病の重症化を防ぐ中で医療費削減へ結びつけるという、まさに新しい高齢者医療制度としての理念がありました。しかし、今回の結果ではそこには結びつきません。残念ながら、これでまた同じ結果の繰り返し、永遠の医療制度改正の議論となってしまいます。
しかし個人負担は、既に社保本人も3割、高額所得高齢者も3割、残すところ他の老人も3割にするか、4割、5割負担という保険制度というのは名ばかりの制度にするかの選択しか残されていません。
私は構造改革というからには、今までの概念を大きく変化して、これからの人口減少する成熟した日本社会としての医療制度を見つめなおすことが必要だと思っていました。そして、そこで最も必要だったのが、医療費全体のボリュ-ムを増やして弾力化する中で、削るところは削る、増やすところは増やす作業をしなければならなかったのです。
しかし結果は数合わせに終始し、三方一両損どころか、負担のみが増す結果しか残らない結果しか生まれませんでした。
ようやく中医協の議論の中に、「歯科」という文字が見えるようになってきた昨日の議論を重ねると、本当にとんでもない結果しか生まれてきそうにありません。
今朝のこちらの山々は雪模様です。段々天気も医院経営も寒くなってきました。
by kura0412 | 2005-12-01 12:23 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412