今度はレセコンのオンライン化

厚労省は医療機関でのIT化を加速させる為に、向こう5年間の経過措置を設けた上、レセプト請求を11年度からオンライン化を原則とすることにしたとの報道です。
このオンライン化でのメリットが医療費の効率、省力化を謳っていますが、その裏には、この医療業界の膨大なIT化需要の拡大があります。昨年の日歯の一連の事件の発端にもなった経産省のE-japan計画はそれを裏づけます。そして、社会のIT化の流れは阻止できないと判断しその実権を確保すべく、全国に張り巡らしている社会保険事務所の弱体化を甘受しても、厚労省は今回推進する決断をしたものと推測します。
しかし、ここでわれわれは意見を呈さなければなりません。
まず、このIT化に対する初期費用はどうするのか?レセコンのリースが途中の診療所、病院は新たなシステム導入となるわけです。二つのシステムを併用出来るほどの経済的な余裕は現在の病院、診療所はありません。手書きの年配の先生ではこのIT化によって診療を辞める方も出てくるかもしれません。
そして、一番の問題は、現在の歯科の診療報酬があまりにも細かすぎる、制限がある為に、果たしてIT・オンライン化が可能であるか?その是正が必要です。レセコン会社の社員に聞いたところ、歯科の対応が出来ればどんなレセプトも対応は可能であるという話を聞いたことがあります。特に、最近の縛りによって、摘要欄記載が以上に多いのは先生方も毎月のレセプト作業で感じられるところです。医科ではこの摘要欄の記載がどの程度あるのかまでは分かりませんが、このIT化に則す様な形に保険点数が変化するのか、あるいは技術的に既にそれは対応が可能なのかは分かりません。しかし、この細かい作業の中でのオンライン化、くれるものくれて言われるのは仕方ないとしても、マイナス改定を強いられそうな状況でこの提案はたまりません。
まだ、この議論は紆余曲折しそうで今後の推移に注目です。
Commented by 千葉県 池田 at 2005-11-24 22:40 x
このオンライン化はかねてから言われていましたが、このオンライン化がもたらすことが大きいと思います。日経にあるように単に不正をさせない為ということではなくて、保険者と医療機関との直接契約が可能になってしまいますね。小さい会社では窓際の方が担当する部署なので、膨大な数のレセプトを持ち込まれては対処できませんが、オンライン化となれば、それができますね。「おたくの歯科医院にうちの社員をまかせるから、1点8円でやってよ」というようなことも・・・。さらに、仕事を失う支払い基金が大リストラから解体へ。さらに支払い基金が米国のように医療警察に職域を変える可能性、次から次へとかれらの攻勢はむかってくる可能性が大きくなりますね。
Commented by kura0412 at 2005-11-25 09:22
実は私は地元の歯科医師会が開発したレセコンの担当をしていました。これは日歯主導しなければ、先生のご指摘のような問題が必ず発生してくると思います。(これも結果患者に負担増となります)
Commented by 千葉県 池田 at 2005-11-25 09:35 x
分かってくれている先生がいらしてうれしく思います。それから、おしらせですが、鞍立先生、タイミングが遅れてのコメントでごめんなさい。
千葉県歯科医師会は岸田会長の下で、日歯会長の直接選挙を行います。日歯の代議員と選挙人500人による選挙の前に、千葉県内各郡市において会員総選挙を行い、県歯会館に於いて開票、その投票数の割合を千葉県23人の選挙人に振り分けて、日歯の場で投票してもらいます。したがって、選挙人は千葉県会員の投票結果を反映するための人であります。スタンドプレーと見えるかもしれませんが、直接選挙を提唱してきた千葉県の会員の意志がそうさせたものです。現在立候補を表明している井堂、大久保両氏は間接選挙派で、直接選挙を旗に戦うのは香川の西岡氏だけですね。このまま「直接選挙」が議論から消えてしまうのは民主主義を否定することになります。今一度、中学の頃習った「主権在民」という言葉を叫びたいと思います。
Commented by kura0412 at 2005-11-25 10:58
千葉県歯独自の日歯会長選挙の取り組みは聞いております。
私は改正された今回の結果は、今後の直接選挙導入議論へ大きく影響する試金石だと思っています。私はどちらかと言えば間接選挙派ですが、千葉の結果は当然公表されるでしょうから非常に興味をもっていますし、他に結果を検証できる準備も考えています。
by kura0412 | 2005-11-22 12:35 | 歯科 | Comments(4)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412