どうしようもないジレンマと不安

知人の先生からで「自分ではどうすることも出来ないが、今回の医療制度改正、次期改定が物凄い不安」というメールが入ってきました。この先生は都道府県歯の役員もされ、毎月の売り上げも私の数倍は稼いでいる先生です。しかし、少し先のことを考えられる先生の多くの殆どが、この先行き、それも5年、10年後ではなく、半年、1年後という目の前に対して不安をもっています。
これは、地震の災害を受けて、その直後は一日一日生きるのが精一杯だったのが、しばらく落ち着いて今後の生活を考えた時に、異常なほどの不安に陥った時の気持ちと一致します。
他人事ではありません。自分の生活です。でもそれがどうすることも出来ないジレンマ、不安に対して、歯科界全体で危機感をもって立ち向かわなければ、本当にとんでもない事態が待ち受けています。
by kura0412 | 2005-11-21 15:29 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412