日歯会長選挙事実上スタートする

昨日大久保日歯連盟会長が次期日歯会長選挙に立候補表明をされました。既に井堂日歯会長も再出馬表明をされていますから、これでいよいよ本格的な選挙戦が事実上始まります。
今回の日歯会長選挙は、従来の代議員に500名の選挙人を加えた選挙であるという大きな変化があります。そして当然のことながら、昨年の事件、特に、司法の判断までには至りませんでしたが会長選挙での金のやり取りが問題になった直後の選挙です。当然、会員、そして社会全体からその成り行きが注視されています。
日歯会長選挙は、65000名の組織のリーダーを決める選挙です。私はルール違反をせず、また、社会から問題視されない範囲内ならば、選挙戦はガンガンやればいいと思います。そうして注目が増せば、選挙人に選ばれた先生方も、従来の学閥どうこう、金が飛んだ、ポストの約束があったなどという馬鹿げたことを理由で選択することはなくなると考えるからです。
ただ、一つだけ必ず守ることは、選挙の結果に係らず、選挙後は日歯会員一丸となってこの危機的歯科界に立ち向かうことです。
今回の選挙は会員直接選挙ではありませんが、それに準じる結果を生まなければ歯科界の混乱を更に助長させることになります。それには会員一人一人が誰がリーダーに相応しいか、その判断を持つことです。
Commented by 千葉県 池田 at 2005-11-22 13:01 x
鞍立先生、タイミングが遅れてのコメントでごめんなさい。
千葉県歯科医師会は岸田会長の下で、日歯会長の直接選挙を行います。日歯の代議員と選挙人500人による選挙の前に、千葉県内各郡市において会員総選挙を行い、県歯会館に於いて開票、その投票数の割合を千葉県23人の選挙人に振り分けて、日歯の場で投票してもらいます。したがって、選挙人は千葉県会員の投票結果を反映するための人であります。スタンドプレーと見えるかもしれませんが、直接選挙を提唱してきた千葉県の会員の意志がそうさせたものです。現在立候補を表明している井堂、大久保両氏は間接選挙派で、直接選挙を旗に戦うのは香川の西岡氏だけですね。このまま「直接選挙」が議論から消えてしまうのは民主主義を否定することになります。今一度、中学の頃習った「主権在民」という言葉を叫びたいと思います。
Commented by 静岡県 望月克郎 at 2006-01-05 21:20 x
突然、失礼します。通りがかりのものです。大久保候補はどちらかというと直接選挙派です。詳しくはホ-ムぺ-ジをご覧ください。
Commented by 望月克郎 at 2006-01-08 23:10 x
大久保満男  基本方針  3  今後の日歯会長選挙について
 選挙にとって最も大切な条件は、候補者を選択する情報が有権者に公正に公平に伝わっているかです。・・・・・・・・・・・・もし、今回の選挙が成功したのならば、以前の代議員による選挙に戻る必然性はなく、むしろ直接
選挙に向かう道に進むべきだと思います。
by kura0412 | 2005-11-16 11:02 | 歯科 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412