溶ける米菓と食育

地元の米菓会社が、口の中に溶ける米菓の製品開発したという記事が今朝の新聞に載っていました。
前に関係者から聞いた話では、米菓業界全体は右下がりの状態で、米菓が固いことが原因の一つだと聞いたことがあります。昔のパリッとした煎餅などは敬遠され、同じ米菓でも、あまりかまなくていいいソフトタイプへ移行しているようです。その究極がこのような製品開発につながっていると思います。
では、歯科医師からみれば、唯一の噛み応えのあるお菓子の米菓がこのような傾向となると、日本人、特に子供たちへの影響は当然予測されます。売れるが為のこの傾向に警笛を鳴らすことも必要かもしれません。
現在、政府は食育を知育、徳育、体育の基礎となるように食育を推し進めようと、食育基本法を制定しましたが、こんな歯科医師の勧告も、食育の一つと思います。
by kura0412 | 2005-10-19 08:58 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412