『節約志向で…百貨店、苦境突出』

節約志向で…百貨店、苦境突出 10月日経DI
2四半期連続悪化

百貨店など物販の景況感が大幅に悪化している。四半期ごとの消費関連企業の景況感を示す「日経消費DI」の10月調査は業況判断が7月調査から2ポイント低下のマイナス20となり、2四半期連続で下落した。特に百貨店は同30ポイント下落のマイナス80と、2010年1月以来の低水準。消費者の節約志向が強まっているほか、インバウンド(訪日外国人)消費にも陰りが見られる。

調査期間中の9月は台風や残暑で外出する消費者も減り、衣料品などの季節商品が振るわなかった。天候不順に加え、円高による企業収益の悪化などで先行き不透明感が強まり、消費者の節約志向が高まっている。今回は外食やサービスを含む全15業種のうち、7業種の業況判断が悪化した。
最も悪化した百貨店からは「訪日客の宝飾品消費もさえない」(三越伊勢丹)との声が漏れる。スーパーは同23ポイント下落のマイナス17、コンビニ・ミニスーパーも同29ポイント下落のマイナス29だった。物販全体では同10ポイント下落のマイナス26となった。
消費者の節約志向は消費関連企業の戦略にも影響を与え始めた。「無印良品」を展開する良品計画は8月から靴下の価格を3足1200円から同990円に値下げした。松崎暁社長は「価格戦略を見直す」と強調する。
ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長は節約志向の強まりなどを受けて「2020年の東京五輪前にかつてない不景気が来る可能性がある」と厳しい見通しを示す。9月には一部店舗で色調に一体感を持たせた低価格帯のインテリア雑貨を投入した。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長も「消費者の生活防衛意識は強まっている」と指摘する。

日経消費DIの業況判断は今年に入ってマイナス圏に沈み続けている。第2次安倍晋三政権が進めた「アベノミクス」や3年連続の賃上げなどで消費環境は一時、改善に向かい、この3年間でプラス圏に浮上する時期もあった。ただ現在はマイナス20まで低下、第2次安倍政権の発足前後の水準まで戻った。
3カ月後の業況見通しはマイナス12と7月調査と同じだった。年末の宴会シーズンを迎える外食が5ポイント上昇のマイナス22だった一方で、百貨店が10ポイント低下のマイナス40と景況感が悪化するなど業種ごとのばらつきが見られる。

▼日経消費DI 
日本経済新聞社がまとめる景気指標。業況判断は「良い」と答えた割合から「悪い」を引いた値。スーパーや百貨店、旅行・運輸、外食など15業種を対象に1995年に始めた。「消費者の支出意欲」「今後3カ月の売上高見通し」なども調査する。今回は278社にアンケート用紙を郵送。2016年9月上旬から10月上旬に187社から回答を得た。回収率は67%。調査票の発送、回収、集計は日経リサーチが担当した。

【日経新聞】



景気動向に大きく影響する歯科としては悩ましい状況になっているようです。
by kura0412 | 2016-10-29 10:05 | 経済 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412