『口からの摂取復活を考えたきっかけ』

「胃ろうでも味わう楽しみを…」口からの摂取復活を考えたきっかけとその後の話

私たちは、何気無く、当たり前のように1日3回食事をしています。ときには、おやつ、休憩と称して間にお茶やお菓子などをつまむこともあります。「美味しい」とか「まずい」とか言いながら、口から摂取し、食事を楽しんでいます。
義母は10年近く前から、1日3回の食事を胃ろうからの栄養食(液体)で摂取しています。そんな中、5か月前から口から咀嚼しながら摂取することに挑戦しており、そこで起きた義母の変化(?)とともに、認知症高齢者の胃ろうについてお話したいと思います。

義母が胃ろうになったきっかけ
義母がなぜ胃ろうになったのか…記憶が定かではないのですが…歩くことや食べることなど、日常生活に意欲がなく、声かけや介助が必要になってきた頃に、膀胱炎の発熱で入院しました。
入院で点滴したり、食事摂取に向き合う介助の手が足りなかったことも重なって、食事をしない日が続きました。やせ細っていく義母に対し、主治医から胃ろうを勧められました。息子である主人と、娘である姉たちの『母を餓死させたくない』という思いから、胃ろうを造設しました。

生命維持のための栄養注入
あれから約10年、ベッドの上で行える食事介助は介護者側にとってとても楽です。ただ注入するだけですから…付き添う必要もありません。
ん?食事介助…食事?食事とは言えない、生命維持のための注入になっています…悲しいことに…。もちろん胃ろうになっても、胃ろうを外し、口から摂取できるようになった人はいます。しかし、あのころの私には、胃ろうを造設されたことで口からの摂取はありえないことだと思っていました。
造設直後は可哀想だと思いながらも、栄養が身体全体にしっかりと行き届き、顔色、体つきが元に戻っていくことを複雑な思いで見守り…そしてその思いも薄れ、約10年間、胃ろうでの食事が続いています。
夏になれば水分量を増やしたり…病気になったらカロリー食を減らしたり、増やしたり…主治医の指示のもと、何気無く、当たり前のように胃ろうからの経管栄養食を注入し続けています。しかし、そんな状況に疑問を投げかける出来事が身近で起きたのです。

後悔先に立たず…
昨年末、誤嚥性肺炎で入院した従姉妹が亡くなりました。口からの食事ができなかったため胃ろう造設をしたのですが、身体が胃ろうからの注入を受けつけず…。口からの摂取を禁止された状態で、従姉妹は叔母(母親)に、「コーヒーを飲ませて欲しい」と訴えたそうです…しかし禁止されている…「味わうだけでも…1滴だけでも…」と、主治医に直訴したそうですが…ダメだったそうです。
それがずっと悔いとして心に残り、従姉妹を看取ったあとも、叔母は心が晴れずにいるようです。この件があり、約10年間、口から摂取していない義母に《口から…味わう楽しみ》って復活できないかな?という思いが湧き上がりました。
訪問看護時に、雑談のようにその思いを告げると、「いいかも!」という看護師さんからの返事。ケアマネに伝えると、「いいと思う」という返事。主治医にこの思いを伝えると、「お義母さんの現状、自分の立場では『やれるよ』とか、『やっていいよ』とは言えない。摂取するために検査すればOKが出るとは思えない。しかし、家族の思いを尊重するよ」と、心強い言葉をもらいました。
口からの摂取を…味わう程度でいいから…義母と私にとって大きな一歩を踏み出しました。

周囲の協力あってこそ実現
担当者会議が開かれ、主治医から、家族や関わっている事業所へ、リスクや摂取前後の口腔ケアの大切さなどの説明がありました。何かあっても誰の責任でもないこと、連携して本人・家族を支援するという共通の思いを確認し、「何かあった時にはすぐに駆けつけますよ」と、心強い後押しをしていただきました。そして、訪問看護の時に、小さな小さなスプーン1杯のジュースを舌の上にのせることから始まりました。
あれから5ヶ月が過ぎました。胃ろうは変わらず続いています。しかし今では、ST(言語聴覚士)さんのアドバイスをいただきながら、小さなアイスクリームや果物の汁にとろみをつけ、10回ほどに分けてモグモグごっくんと味を楽しめる?ようになりました。

私が感じた義母の変化と在宅介護に必要なもの
ほとんど反応がなく過ごしていた義母が、嫌なことを声や顔で表すようになりました。家事をしながら義母のそばに近付くと、声をあげて私を呼ぶようになりました。排便をした時に、声を出して教えてくれるようになりました。
もしかしたら、気のせいかもしれません(笑)でも、そう感じるのです。主治医からは、「咀嚼することは、脳にとってとてもいい刺激なんだよ。頑張れ!」と、激励されました。
この頃、在宅介護において、《支援の輪を広く持つこと》《思いを伝えること》が、介護の負担軽減や喜びに繋がると、つくづく感じています。関わってくださる方々に、心から感謝しています。

【認知症ONLINE】
by kura0412 | 2016-08-06 10:49 | 嚥下摂食 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧