どちらなのでしょうか?

昨日、一昨日開催された日歯代議員会は、特段大きな問題も起こらず、平穏無事に終了したとの情報です。
これを無事会務が進行している証と捉えるか?
逆に、この閉塞感ある歯科界を映し出す一つの事例として考えるか?
その判断はそれぞれの見方で異なるかもしれません。
しかし、いずれにしても現在の歯科界は残念ながら待ちの姿勢を執っている、そうせざる得ない状況でもあります。
次の打つ手には何があるのでしょうか?
by kura0412 | 2005-09-17 12:38 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412