防災の日、もし、を考えてください

9月1日は防災の日、昨年の中越大震災発生から全国で地震が起こりどこの地域でも現実性が帯び、特に首都圏災害の想定に対していろいろな論評が出ています。
前にもこのブログで書いたことがありますが、中越大震災はこんな田舎で、不便な地域だったから人災被害が少なくすみました。この地域には地下鉄も高層ビルもありません。家屋の損壊も雪への対応が結果それを防いでくれました。
また、地震発生に時間帯も土曜の夕食時と家族が一緒の時間帯であり、また、家を離れていたとしても、その活動範囲は都会ほどではありませんから、歩いて移動することも可能でした。
しかし、これが東京で発生したら?と考えると??その被害の拡大は免れません。
そう防災の日に考えると、その備えを怠った私自身の反省からも、是非一度、考えたくもないでしょうが、もし、ここで震度6強の地震が発生したら?それを想定して、それぞれの備えを考えてみてください。マニアルは参考にはなりますが、それぞれの事情、環境が異なり絶対ではありません。
by kura0412 | 2005-09-01 11:41 | 中越 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412