自民党優位、改革断行なるか?

総選挙投票日まで二週間を残すだけになりました。一部の報道では、現時点で自民党に流れが優位に動いているとのことです。しかしながら、自民、民社いずれが勝っても選挙後の政局は非常に不安定なものになるのは必至のようで、小沢一郎氏は、次の解散もそう遠くない時期にあると予測しています。
既に、岡田党首は政権奪取に失敗したら辞任すると明言していますので、獲得議席数も影響しますが、民主党は議席数を増やして、いよいよ政権交代の大きな流れで、さほど党内の混乱はないと考えますが、もし、民主党が政権を握ることがあるとすれば、造反組はもとより、自民党内からも民主党に直接とまではいかなくても、自民党を離れる議員がなだれ現象となりそうです。特に、自民党の派閥が解体状態に陥っていますので、恐らくその雪崩現象に歯止めをかけることは出来ません。与党であるという利点を体験すればの流れです。ひょっとすると、公明党ですらどうするか分かりません。
そうなれば、支持団体も失い、派閥もなくなった野党自民党は自然消滅の一途を辿ります。これは、まさに小泉首相が明言していた「自民党をぶっ壊す」これを実現することになります。
こんな大胆な流れも予測しますが、現状の選挙分析ではそこまで至らず、混迷する政局が残りそうです。果たして、これで小泉首相は改革断行が相成りますか?
by kura0412 | 2005-08-27 12:29 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412