単純、明快

小泉内閣、自民党の支持率が今だ上がっています。強引な解散、反対票に入れた議員への刺客戦法、そして、数々の課題が解決していない現状を冷静に判断すれば、民主党にその支持が廻らなくても、支持率は下がるものと予測していただけに意外な結果です。
しかし、小泉首相の行動、発言を少し考えてみると一つはっきりしていることがあります。それは、「単純、明快」
小泉首相にはマニフエストも難しい説明もいりません。
「私は改革を断行したい。その最初が郵政民営化。国民の皆さんこれに賛成ですか?反対ですか?」そしてその判断を仰ぐ為に、民営化賛成候補者を全選挙区に立候補する準備をした。これだけです。
ここには、自民党の二枚看板の小泉首相と安倍幹事長代理の拉致問題の対応の違いなど全く問題視する暇を与えません。
つまり国民の目から見れば、小泉首相の発言、行動は分かりやすいのです。有権者の中で、全党のマニフエストを読み、各候補者の演説を聞き投票する人はどれだけいるでしょうか?
「売上税反対」こんな単純な訴えが、過去の選挙でも大きな変化をもたらす結果を生んでいます。
ただ懸念するのは、小泉首相の不注意な発言の一言です。「人生いろいろ」これで昨年の参議院選挙でまさかの結果となりました。マスコミはその一言を待っています。
by kura0412 | 2005-08-24 09:39 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412