中央主導の選挙が、

今回の総選挙の結果医療制度改革の行くへはどうなるか?これが、歯科界にとって、郵政民営化よりも重要な注目点です。そして、そこに行く前のハードルとして郵政民営化をスタートとする小泉首相にいう構造改革の断行となるのだと思います。そんな流れで、歯科界に属する人間は今回の選挙をみるべきだと思います。
今回、小さな政府を目指す為の構造改革の断行と小泉首相は唱えています。そして、それを成しイ遂げる為のベースに、市場原理の導入、そして地方分権による、三位一体改革があるわけです。
ところが、昨日あたりの地方の自民党の動きに対して、中央主導の選挙戦をしようともくろんでいるようです。その強引な手法には、私は何か釈然としないものを今回の自民党の動きで感じます。さて、これが吉と出るか、凶と出るか?
by kura0412 | 2005-08-13 12:51 | 歯科 | Comments(0)