まだ名前が出てきます

橋本元首相証人喚問へ。山崎拓議員に対して検察審査会が起訴相当の判断。もう終わっていたと思っていた日歯連盟関連の事件への報道が、今日の新聞を賑わせています。
既に、日歯側は、この事件に関しての判決の殆どが済んでいるわけですが、これで、郵政民営化法案否決で衆議院解散になっても、日歯連盟は選挙活動を正面から行えなくなりました。もし、日歯連盟が選挙運動をすれば、その支援する候補者は逆宣伝となり票を減らすことになります。恐らく、日歯連盟から支援をしようと考えても、候補者サイドから断れるはずです。
日歯連盟の活動が、選挙支援主体に変革しようとする矢先のこの状況、どうすればいいのでしょうか?
Commented by 努落下 at 2005-07-29 14:31 x
「日歯連盟の活動が、選挙支援主体に変革」とのことですが、
7月23日の信越地区歯科医師連盟役員協議会で、大久保・日歯連盟会長が次期参院選で「勝てる候補者を擁立する」と述べております。
如何でしょうか?
by kura0412 | 2005-07-28 11:43 | 歯科 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412