更に暑い夏になるか?

一昨日、東京の会議の合間に、衆議院議員の秘書をやっている知人に会いに国会議事堂にへ行ってきました。そこで知人は「今年は夏休みがないかもしれない。」とこぼしていました。
それは、いわずと知れた、郵政民営化法案の行くへによっての衆議院の解散で、選挙突入になりそうだからです。
議員食堂に連れてもらって昼食をしながら懇談したのですが、その法案は参議院にいっているためか議員の姿は殆どなく、既に選挙モードなのかと私が思うほど閑散としていました。
可能性のあるシナリオとしては、参議院で自民党から造反議員が18名以上でて法案否決。衆議院解散、自民党分裂選挙。そして、造反グループがイニシアチブをとり、政界再編か、あるいは民主党政権誕生。自民党は野党に転落。これが、一般的な見方のようです。
もちろん、そのシナリオを崩す為に、会期末まで熱い攻防が続き、そして、選挙となれば、更に暑い夏になります。
by kura0412 | 2005-07-23 10:07 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412