政局も複雑な様相に?

一昨日の郵政民営化法案の本会議の採決の結果で、無風だった政局に波乱要因が生じてきました。
参議院は選挙制度の関係で、公認を盾にしての造反防止策は難しため、早くも小泉首相は、解散をちらつけさせ牽制を始めています。果たして、参議院の否決を理由に、衆議院を解散出来るのか?今後の政界再編をにらみながら、複雑な展開が予想されます。
こうなると、医療関係議員が一致して動きをみせれば、面白い流れも出来ないわけではないようですが、さて、ギャンブルをするでしょうか?
by kura0412 | 2005-07-08 12:18 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412