介護は引き下げ、果たして医療は

介護報酬引き下げ、2.5~3%軸に調整 政府
9年ぶり、最大の下げ幅

政府は、介護サービスの公定価格である「介護報酬」を、2.5~3%引き下げる調整に入った。2015年度から実施する。介護報酬の引き下げは9年ぶり。介護保険制度が発足した00年度以降で最大の下げ幅となる。利益率が高い特別養護老人ホームへの報酬を大幅に下げる。引き下げに対し与党内には介護の人手不足を招くとの懸念もあり、詰めを急ぐ。

これまでは06年度のマイナス2.4%が最大の下げ幅だった。介護報酬の引き下げは介護費用が膨らむのを抑える狙いだ。報酬を下げると、サービス利用者の支払いが減り、保険料や税金の負担が軽くなる。半面、介護サービスを提供する特養ホームなど、事業者の収入は減ることになる。
政府の試算では、報酬全体を1%下げると介護費用が1千億円減る。うち税金は520億円、保険料は410億円、利用者負担は70億円、それぞれ減る計算だ。
介護報酬全体は引き下げる一方、介護職員の賃金は1人あたり月額1万円上げることができるよう、介護事業者に対する加算措置は拡充する。
介護報酬は3年ごとに見直し、15年度が改定年にあたる。大幅な引き下げを主張する財務省と、反対する厚生労働省との間で綱引きが続き、最大で3%の引き下げで調整中だ。与党内には大幅引き下げへの反対論が根強く、流動的要素が残る。

【日経新聞】



どんなやり方なのか分かりませんが、医療もこの手法を断行するのでしょうか。
介護関係はまとまった団体がないのでやられ放題です。
by kura0412 | 2015-01-07 16:49 | 介護 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412