確かに歯科領域は多様化されていますが

むし歯の時代は終わり、高齢化社会における歯科医の必要性と需要

日本私立歯科大学協会は、これからの歯科の役割や魅力を伝える講演会を10月29日に開催した。セミナーでは、現代社会における口腔ケアの重要性について歯科大学の2名の教授が解説。さらに、歯科大学のカリキュラムや卒業後の就職についてなど、最新の動向を聞いた。
日本私立歯科大学協会は、全国17校の私立歯科大学・歯学部が加盟する社団法人。日本の歯科医学教育は、明治以来私立学校から始まった経緯を踏まえ、歯科医学教育および歯科医療について情報発信を行っている。今回の「歯科プレスセミナー」は、2010年10月に開始した情報発信企画のひとつで、今年で4回目を迎える。

◆誤嚥性肺炎と口腔ケアによる予防
セミナー最初のセッションは、福岡歯科大学の内藤徹教授による誤嚥性肺炎と口腔ケアに関する講演。内藤教授は、近年歯科を受診する高齢者が増えており、歯科医師に必要なスキルや現場体制などが変化してきていると説明。
内藤教授が注目しているのは、高齢者の誤嚥性肺炎だ。年齢とともに咳反射や嚥下機能が低下し、異物や細菌が肺に入り込みやすくなるため、肺炎が死因になる可能性が高くなる。しかし、歯や入れ歯の清掃によって、口腔内を清潔に保っていれば肺炎の発症を抑えることができるという。現在は、世界中の医師が注目し、多くの要介護施設や病院で高齢者への口腔ケアが取り入れられているようだ。
歯科医の知識とスキルが高齢者の誤嚥性肺炎の防止につながっており、要介護高齢者の健康管理に影響を与えている。むし歯治療という一般的なイメージが残る歯科医の活躍の場が多様化している一例だろう。

◆災害関連疾病対策にも口腔ケアが有効
続いて日本歯科大学の田中彰教授による急性期病院や災害被災地における口腔ケアの取り組みについてのセミナーが行われた。田中教授は、口腔ケアは老人介護施設だけでなく急性期病院や大規模災害の避難施設でも同様に重要であり、術後の合併症の減少や災害関連疾病を減らす効果があると説明する。
田中教授は、新潟病院の地域歯科医療支援室長でもあり、中越地震や東日本大震災でも避難所での歯科治療などを行っている。その経験と調査研究から、被災地では非難が長期化すると災害関連疾病が問題となり、特に高齢者などはストレスや環境因子によって肺炎などの疾病から死に至ることも少なくないと話す。
阪神・淡路大震災のときは、避難所での歯科治療や入れ歯のメンテナンスなどの対応が多かったが、中越地震以降は、主に高齢者支援という側面から口腔ケアが肺炎や感染症予防、さらには生活の質(QOL)の向上につながるとして重要視されてきたという。
長期的に必要な災害支援や福祉の観点でも、歯科医の活動の場が広がっていることがわかる。田中氏は「口腔を臓器として扱う」という言葉で口腔ケアの重要性を語ったが、同時に歯科医の必要性も物語っている。

◆変わる歯科医の役割と歯科大のカリキュラム
以上2つのセミナーから、現在の歯科医療現場は、日常の歯のケアから急性期医療、周術期医療、高齢者医療まで関わるほど幅広く、医科や看護、介護などの領域との連携も不可欠となっている。そのため、大学のカリキュラムや国家試験も高齢者医療や災害医療などを重視するように変わってきているという。
日本私立歯科大学協会専務理事で、鶴見大学歯学部長を務める小林馨教授によると、戦後から高度成長期にかけては、「虫歯の洪水」と呼ばれるほど子どものむし歯が社会問題となっていた。その後、国民の意識向上、学校歯科医制度に加え、キシリトールやフッ化物など技術的革新が子どものむし歯が激減。
その一方で、高齢化や食生活の変化からくる顎関節症、口腔がん、ストレスなどを要因とした口腔乾燥(唾液が減ると菌が増殖しやすい)など、歯科医に求められる役割やスキルも変化してきている。
一時は、医者や歯科医が多すぎるという論調もあったが、現在は高齢者医療における歯科医の重要性と多様化から、歯科医・歯科医療従事者の不足が懸念されているという。米国の歯科受診率は日本の倍以上あるともいわれており、人口あたりの歯科医師の数もOECD平均と同程度なのが現状だ。

◆歯科大・歯科部卒業生のキャリアも多様化
歯科医の過剰という論調が歯科大・歯科部志願者の減少につながった時期もあったが、2014年度は5年ぶりに志願者数が8,000人台まで回復した。この点について小林教授は、歯科医が多すぎるという意見は過去のものであり、多くの医療分野で歯の機能や口腔ケアの重要性が確認されていると話す。
年度ごとに合格者数が決められているため、近年合格率が低下している歯科医師国家試験についても、通常は複数回の受験で90%以上が合格しているという。初回で合格しない場合でも、大学教員は歯科医師免許取得まで受験者のサポートを続けることが多く、勉強を続けることができる学生は合格すると小林氏は語る。
免許取得後のキャリアも臨床医だけではなく、歯科技術や研究分野の進歩も早く、感染症の制御や災害医療など研究分野は広がっている。大学院に進みより細分化した専門分野を究める道や、治療に関わる器具の研究・開発に携わる道、企業の研究職に就く道など、臨床医以外の選択肢も多い。
特に女性の活躍が目立つ職種でもあると小林氏は話す。
出産などによって一度休職をした場合や、子育ての都合上仕事の時間が限られる場合でも、診療日や時間を限定することで子育てに必要な時間を確保することができる。また、歯科大・歯科部教員の女性の割合も上昇しているようで、大学によっては約半数に上るのではないかと小林氏は語る。
歯科医が活躍する領域の広がりと高齢化社会が歯科医療の需要を伸ばすだろう。近代医療において歯科医学は単なる歯の治療に留まらないことは、仕事・キャリアとして取り組む上でも魅力的ではないだろうか。

【ReseMam】



歯科医療の領域が多様化していることは紹介されている通りです。
ただ問題ののは、それを取組みが歯科医師としての生業にはなってない点です。この部分の解決策なしで、いくらPRしても抜本的な解決策にはなりません。
by kura0412 | 2014-12-01 11:00 | 歯科 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧