説明できない疲れが

今年の小千谷は、春の訪れが遅いと思ったら、一気に春を飛ばし夏がやってきたような陽気です。
実は、私もそうなのですが、ここにきて、説明できないような疲れが住民を襲っています。恐らく、地震、大雪で蓄積された疲れが、この炎天下で増しているのだと思います。
住宅の再建、道路の補修も大切です、しかし、心のケアと共に、この目に見えない、体のダメージをどう克服するか?そして、生活のリズムを一日も早く、地震前に戻すか?これも非常に重要な復興への一歩だと思うのですが。
by kura0412 | 2005-06-21 09:02 | 中越 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412