『日本歯科医師会、大久保満男会長が任期限りで引退表明』

日本歯科医師会、大久保満男会長が任期限りで引退表明

日本歯科医師会の大久保満男会長は、8月27日の定例記者会見に先立ち、次期会長選挙に出馬しない意向を明らかにし、今期限りでの引退を表明した。大久保氏は8年前に日歯会長に就任、現在三期目を務めており、来年6月までの任期となっていた。

大久保氏は任期を10ヶ月余り残して引退を表明することについて、「今期限りということは当初から決めていたが、次期会長選の立候補者が全国に考えを伝え、政策をまとめるには最低でも3ヶ月かかることを配慮し、早期に表明することを決めた。なお、早期の引退表明によって対外的に組織が〝死に体〟になるという懸念もあったが、その点については現執行部が十分対応できる力を持っていると確信している。残る任期を今まで以上に組織、会員、そして国民のために努めていきたい」と述べた。

【歯科News&Topics/DENTAL VISION】
by kura0412 | 2014-08-28 09:01 | 歯科医療政策 | Comments(0)