レコードからCD、そして音楽配信へ。では歯科は?

レコードがなくなりCDへ、そして、これからはLANによる音楽配信となるそうです。レコードショップはCDショップに衣替えすればよかっただけですが、そのCDショップも、従来の品揃いではなく、売れるCDを短期間で大量に売るという販売スタイルに変化している中、LANとなるとCDショップはどうするのでしょうか?
薬局も、いわゆる従来の街の薬局から、調剤薬局、ドラッグストアーへと変化し、そのドラッグストアーも、安さを武器にしていたものを、今度は「若さ」「健康」をキーワード、専門相談員を増員したりして付加価値をつけ、時代の変化に対応しようとしています。
ところが、歯科をみれば、大きくその診療形態が変化しているのも相変わらず、従来の抜く、被せる、入れるのイメージを国民に植えたままです。
流れを放置せず、もっと本気で時代の変化を感じとって、その対応をしなければ、本当に社会にいらない世界になってしまいます。
by kura0412 | 2005-06-08 12:32 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412