6月4日から11月8日へ

6月4日、虫歯予防デーです。恐らく、全国各地で地区の歯科医師会主催でイベントが実施をされているものと思います。
6、4でムシ、ハ、学校健診との時期と重なり、住民への啓蒙としては、いい企画だったのだと思います。しかし、健診、また、歯科医治療が疾病発見(case finding)から疾病リスク発見(risk finding)に変化している現在、その再考を考える時期が来ています。
もし、無料健診を実施するならば、簡単な視診と簡易型の唾液検査をする適度で、従来の歯式を採っての健診は、その精度からの責任も重なり、もはや、診断の環境が途整わない状況で、無料でやるというのは、これからの歯科医療は変わらず、歯科医療の幹が進展していることを否定するに等しい行為です。
とはいうものの、この年一回のイベントは、既に住民に浸透しているのも事実です。
そこで、今度は11月8日、イイ、ハの日にイベントを完全にシフトする中で、その歯科診療、健診の目的の変化を知らせる機会として捉えてはいかがでしょうか?
これからの歯科の啓蒙のイベントは、6月4日から11月8日へ。
by kura0412 | 2005-06-04 12:12 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412