10%への引き上げはそう容易くはありません

消費税8%:「負担感じる」60% 毎日世論調査

毎日新聞は19、20両日に全国世論調査を実施した。
4月1日に消費税率が8%に引き上げられたことを受け、どの程度負担を感じているかを聞いたところ、「非常に感じる」と答えた人が25%、「かなり感じる」と答えた人が35%で、合わせて60%になった。「あまり感じない」と答えた人は33%、「感じない」とした人は5%だった。

「非常に感じる」と「かなり感じる」を合わせた人は男性では55%だったのに対し、女性は65%だった。一方、消費増税後に家計の支出を抑えたかを聞いたところ、「抑えなかった」と答えた人は54%で、「抑えた」と答えた人は44%だった。消費増税で個人消費の落ち込みが指摘されているが、実際に支出を抑えた人が4割以上になったことは懸念材料になりそうだ。
消費増税前に家電などの高額商品や日用品を買う「駆け込み購入」については「購入した」と答えた人は34%、「購入しない」と答えた人は64%だった。
来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げと同時に、生活必需品などに軽減税率を導入すべきかを聞いたところ、導入すべきだと「思う」と答えた人が78%で、「思わない」と答えた17%を大きく上回った。自民党支持層でも7割強が「思う」と答えた。

【毎日新聞】



消費税に対しての国民の反応は非常に敏感であり、10%への引き上げはそう簡単にはいかないかもしれません。そしてそれ以上となると国民の抵抗感は非常に強いものとなります。
となると、社会保障費への抑制策は・・・
by kura0412 | 2014-04-21 17:57 | 経済 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412