学力と家庭教育

昨年度、新潟県内で実施した全県学力検査結果についての新潟県教育委員会の調査結果分析に、学習意欲や学習態度が高いほど、朝食をきちんととっている児童生徒ほど学力(全教科平均回答率)が高い。学習意欲を高めること、基本的生活習慣を身につけさせることが学力向上のための大切な要件の一つだと言える。とありました。
現在、マスコミを賑わす、学校週休二日制導入の理由の中には、その為に家庭教育充実の時間の確保、家族の触れあいの時間を作ることがあったはずです。
教育の問題は、文科大臣がいう、よとり教育撤回で話が進むほど簡単ではない、複雑化していることを示す一例です。
by kura0412 | 2005-05-20 12:07 | 教育 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412