中国大混乱の前触れなのか

中国「影の銀行」取引でデフォルトの可能性も

中国共産党機関紙「人民日報」系の情報サイト「人民網」などは13日、中国山西省の石炭加工会社に投資した金融商品の元利金が、投資家に返済できない状態に陥っていると報じた。

銀行融資を経由せず、事業資金を調達する「影の銀行(シャドーバンキング)」の取引で、債務不履行(デフォルト)が起きる可能性も指摘されている。
返済が遅れているのは、吉林省信託が発行した金融商品で、石炭加工会社「山西聯盛能源」に9億7240万元(約165億円)が投資されたが、経営悪化が懸念されている。

【読売新聞】



以前から指摘されていたシャドーバンキングのデフォルトが起きるかもしれません。
本来ならば伏せたいはずの人民日報の報道ですので、これが氷山の一角ならば大混乱することもアリです。
by kura0412 | 2014-02-14 16:56 | 経済 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412