金融界でも「健康」がキーワード

青銀が「健康宣言」策定 青森

健康増進への積極的な支援で「短命県」返上に貢献するため、青森銀行(青森市)は「あおぎん健康宣言」を策定した。行員に対して禁煙や歯科疾病の予防などを促すほか、健康増進に取り組む事業者などに対して制度融資を実施する。

禁煙外来を受診した行員に対して2万~3万円を上限に受診費用を補助。同行によると、約2200人の行員のうち喫煙率は男性が約40%、女性は数%という。
さらに、年2回の健康診断に歯科検診を取り入れる。
また、人間ドックやがん検診、受動喫煙対策など健康増進に取り組んでいる事業者や従業員を対象に金利の優遇措置を実施する。
同行は、これらの取り組みを早急に実施したいとしている。浜谷哲頭取は「短命県返上が県の最重要課題で、一企業として健康機運の高まりを一気に盛り上げたい」と話している。

【産経新聞】



金融界でも健康がキーワードになるのでしょうか。
データーが集まり全国的な広がりになることに期待したいです。
by kura0412 | 2014-02-07 14:42 | 経済 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412