田村大臣が調査する考えを言及

歯科医院のポイント導入を調査へ、厚労相- 「禁止事項に該当するか、理屈を整理」

田村憲久厚生労働相は7日、一部の歯科医院で、治療を受けた患者がウェブ上で口コミを書き込むと、商品券などと交換できるポイントがもらえる仕組みが導入されているとの一部報道に関連して、こうした仕組みが省令の禁止事項に該当するかどうか調査する考えを示した。
保険医療機関のポイント付与については過去に、保険調剤の一部負担金を患者が支払う際にポイントを与えるサービスが、調剤料や薬価などの公定価格に付加価値を付与することに当たるなどとして問題化したため、厚労省は省令を改正し、原則禁止とした経緯がある。

田村厚労相はこの日の閣議後の記者会見で、歯科ポイントについては報道で把握したと説明した上で、「(この事例が省令の禁止事項に)該当するかどうか分からないので、しっかり調査していきたい」と述べた。さらに、「(何が禁止なのか)理屈をきちんと整理しなければ、新しい技術やサービスが出てきたときに、どれが良いのか悪いのかという問題にもつながっていく」と話し、今回のケースを含めて、今後改めて対応を考えるとした。
調剤ポイントをめぐり、同省は2012年10月1日に省令を改正し、保険医療機関が、値引きなどの経済上の利益を患者に提供して、診療を受けるように誘引することを禁じた。これにより、調剤薬局を含めた保険医療機関のポイント付与が原則禁止となる一方で、クレジットカードや一定の汎用性のある電子マネーでの支払いで生じるポイント付与は事実上、容認していた。

【キャリアブレイン】



やはり大きな問題に発展するかもしれません。
しかし、歯科の事情にも詳しい田村大臣です。ただ単に違法行為だけでなく、何故こんなことをしなければいけないかという歯科医療環境の背景をもしっかりと調査してほしいです。
by kura0412 | 2014-01-07 18:10 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412