延期されたお祝いの会

昨夜、小千谷市のある方のお祝いの会の準備会に出席してきました。実は、本来ならば、10月の後半にその準備会を開催して、12月にその会を開催する予定でした。しかし、10月23日の地震で、延期を余儀なくされ、その開催がようやく実現することになりそうです。
しかし、そんなおめでたい会にも、地震の影響が垣間見ることが出来ます。その開催の遅延を出席者に知らせるにも、案内状の中には記載せず、その開催の遅延を説明文を別に添える、などの細かい所の注意が必要になっています。
もちろんその宴会も極度に華美にならないようなことに配慮することも当然です。しかし、逆に、意識して市外からお招きをする方の数は増やしました。出席された方に、地震の被害の現状をを一人でも知って頂きたいからです。
ただ、昨日の会議終わってからの懇親会でもそうでしたが、当日のお祝いの会でも、宴席の話題は、まず、1月23日でのそらぞれの体験談から始まりそうなことは、昨日集まった皆さんの一致した意見です。
by kura0412 | 2005-04-26 11:14 | 中越 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412