韓国もTPP参加か

TPP:韓国政府、交渉への参加方針固める

韓国政府が米国主導の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する方針を固め、細部のスケジュールや効果に対する最終的な検討を行っているようだ。
政府高官は8日、本紙に対し「TPP交渉への参加を前向きに検討している。(米国主導のTPPを警戒する)中国にもすでにこうしたことを伝え、了承を求めた」と明らかにした。別の高官も「TPP交渉への参加は時間の問題にすぎない」と語った。政府内では、早ければ今月か来月にも韓国のTPP交渉参加を表明することを検討しているとされる。

ヒョン・オソク経済副首相兼企画財政部(省に相当)長官は今月4日、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に対し「先進国による経済のブロック化の動きに先制対応するため、TPP交渉への参加表明を積極的に検討する必要がある」と報告したという。
TPPは現在、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポールなど環太平洋地域の12カ国が交渉に参加している多国間の自由貿易協定(FTA)。このため、TPP交渉への参加を機に、韓国の通商戦略が2国間中心から多国間中心に変化するとの見方も出ている。
西江大学の許允(ホ・ユン)教授は「韓国が今TPP交渉に参加して自国の意見を積極的に主張しなければ、後々ほかの国々が作った交渉ルールを受け入れざるを得なくなるだろう」と述べ、早期の交渉参加を促した。

【朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 】



日本のマスコミはどこも取り扱ってないのでスクープかどうかは分かりませんが、日本にとってもいろいろ意味で大きなインパクトがあるニュースです。
by kura0412 | 2013-09-09 11:26 | 経済 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412