いよいよ明日の朝決定

首相がアルゼンチン入り IOC委員に支持訴え

安倍晋三首相は6日午後(日本時間7日未明)、国際オリンピック委員会(IOC)総会出席のため政府専用機でアルゼンチンのブエノスアイレスに到着した。2020年夏季五輪の東京招致に向けて最後の訴えに臨む。6日午後にはIOC委員に個別に働き掛け、支持拡大に動いた。
東京招致に成功すれば首相の経済政策「アベノミクス」の追い風になる。すでにブエノスアイレス入りしている岸田文雄外相らと手分けして多数派工作に当たる。
7日午前の最後のプレゼンテーションでは、東京電力福島第1原子力発電所の汚染水漏れ問題への日本政府の取り組みを説明し、IOC委員らの不安を取り除きたい考えだ。
首相は7日夕(同8日早朝)の開催都市発表を受けて記者会見し、日本時間の9日午後に帰国する。

【日経新聞】



IOC委員に安倍首相の動きが日本の本気度を示していると捉えられれば良いのですが。いよいよ明日の朝決まります。
by kura0412 | 2013-09-07 15:17 | スポーツ | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412