生業をも変える

私の旧知の方で、中越地域で特定郵便局長をやっている方から、突然退職の挨拶状が来ました。特定郵便局の定年が何歳かは分かりませんが、まだ、60台前半の方です。郵便局の建物も酷くやられ、また、郵便局のも民営化などが絡み合って、その決断をしたものと思います。
歯科の方では、地震の被害で診療所を閉鎖した先生はおられないようですが、診療所移転の先生はおられます。小千谷では、市内一番の従業員数を誇る工場が、今後の危機管理への分散の為縮小され、市内の雇用状況が著しく悪化しているとの話もあります。
地震の被害は、建物、道路だけはない、生業をも変えてしまいました。そして、これから更に増えてくるはずです。
by kura0412 | 2005-04-11 12:49 | 中越 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412