e-文書法

4月から施行された個人情報保護に対して大きな注目が集まっています。そして、それ隠れた形で、e-文書法(民間事業者等が行う書面保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)も施行され、一定の用件を満たせば、カルテなども電子保存が認められることになりました。
患者さんの身体に関わる情報を持つわれわれ歯科医は、この情報というものを、進歩するメデイアにどう融合し、調整、規制するか?一つ一つの規制を単独に考えることなく、個人情報を総合的に検討する中で考えなければ、その対応が混乱しそうです。
特に、日歯は、一連の事件の発火点となったIT事業によって、IT化推進に関して、関係団体の目は厳しいものがあるのも忘れはなりません。
by kura0412 | 2005-04-05 12:04 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412