歯科界でも整理してないのでこんな考えが

歯の治療費こう決まる 痛い目に遭わない基礎知識

6月4~10日は「歯と口の健康週間」。しかし、歯の治療をつい先延ばしにする人も多いだろう。敬遠する理由は治療の痛みと機械音、そしてお金の心配。「治療費が想定より膨らんだ」「治療内容に比べて高い」と後悔しないためにどうすればいいのか。

「うん、いい感じだ」。都内に住む男性会社員のAさん(37)は歯磨きの途中、鏡をのぞき込んでは虫歯の治療痕を確認する。昨年18万円をかけて2本の歯にセラミックをかぶせた。仕上がりは満足だが、費用については「相場が分からず、口の中ほどスッキリしない」と苦笑する。
歯の治療への消費者の不満や相談は増加傾向にある。国民生活センターによると、歯科治療に関する相談件数は2012年度に3000件強。04年度に比べ2.6倍に達した。相談で最も多いのが施術の不良。次いで歯科医の説明内容と治療費に関するものだという。

■「併用」で曖昧に
歯科治療の内容は健康保険の対象と、それ以外の自由診療に分かれる。
保険診療は基本となる治療で、虫歯や歯周病など一般的な内容に対応する。抜歯、レントゲン撮影といった処置ごとの点数の合計で治療費が決まる。現役世代なら3割を自分で払い、残りは健康保険が負担する。治療1回当たりの自己負担額は数千円以内で済む場合が多い。
一方、歯を白くするホワイトニングや歯列矯正など美容目的の治療は保険の適用外だ。インプラント(人工歯根)やセラミックなど新しい技術や高価な材料を使う場合も自由診療になる。
自由診療は内容も料金も歯科医の裁量の部分が大きい。そのため「見栄えや使用感など、より質の高い治療を追求できる」と六本木駅前歯科(東京・港)の日高大次郎院長は話す。
精度の高い詰め物の加工や長持ちする接着剤、医師の「技術料」などを加味した結果、治療費は高くなりがちだ。インプラントなど1本30万円を超える例もある。自由診療は都市部で多く、東京都では歯科医の収入の約2~3割が自由診療といわれる。

歯の治療費を考える際に、見逃せないのが保険診療と自由診療の「併用」だ。
保険対象とそれ以外の治療を同時にするのは混合診療と呼ばれ、日本の医療では通常認められない。ところが歯科治療では歯を削った後や抜歯の後の処置に限り、患者が希望すれば保険診療から自由診療に移行できる。
虫歯の治療で「かぶせる材料をどれにしますか」と歯科医から説明が始まったら、そのときが分かれ目。保険適用の銀歯を選べば保険診療のままだが、金歯やセラミックを選べば自由診療になる。
同じ処置でも、患者の口内の状態によって保険診療か自由診療かが変わるものがあることも注意が必要だ。例えば歯磨き指導の場合、すでに虫歯や歯周病にかかっている場合は保険適用になる。ただし虫歯が1本もないなど口内が健康な状態なら自由診療になる。
フッ素塗布は基本は自由診療だが、虫歯になりやすい患者に対しては保険が適用されるケースもある。いずれも歯科医が患者の歯の状態を診断したうえで治療を進める。
もちろん、保険診療と自由診療のどちらを選ぶかは最終的に患者の意思だ。しかし「技術レベルは歯科医によって大きく異なる」(都内の開業医)。自由診療の場合、料金の算定基準や保険診療と比べた治療内容の違いなどの説明で曖昧な例もあるのが現状だ。結果として、患者が歯科の治療費に釈然としないケースにつながりやすい。

■まずは確定申告
歯科の治療費が高額になった場合はどうすればいいのか。まず確定申告を忘れないようにしたい。
医療費控除の申告をすれば年10万円を超えた分、課税される所得が減る。歯科の窓口でもらった治療費の領収書や購入した薬のレシートを保管しておきたい。医療費控除は「生計を一にする世帯」が対象。家族が歯科治療をした際の領収書も無くさないようにしよう。
ただ、歯科で医療費控除の対象となるのは虫歯などの治療目的が基本だ。金歯やセラミックなどを詰めるのは対象となるが、成人が美容目的で受けた歯列矯正やホワイトニングの費用は控除されない。
治療内容にこだわりたい人は、民間の保険に入る手もある。
昨年10月にエース損害保険が発売した「歯の保険」は詰め物・かぶせ物やインプラント、ブリッジが対象。詰め物・かぶせ物は歯1本につき3~5万円、インプラントやブリッジは1つにつき最大10万円の補償が受けられる。保険料は40~44歳なら月2230~2690円だ。

保険診療でも一定水準の治療ができることも頭に入れておきたい。
東京歯科保険医協会(東京・新宿)の松島良次会長は「日本の保険診療は世界的に見ても患者の費用負担が小さい」と強調する。制度が違うため単純に比較できない面もあるが、米国などでは虫歯1本の治療に数万円かかることが珍しくないという。「海外で治療した人は大抵驚く」(松島氏)

歯の健康維持に関して多くの医師が推奨し、経済的にも負担が小さいのが定期的に歯科医に通うことだ。
例えば年に3回、歯石除去や歯磨き指導を受けた場合の自己負担額は合計で数千円程度で済むことが多い。虫歯が悪化すればそれ以上の治療費と痛い思いを覚悟しなければならない。
黒田歯科医院(東京・千代田)の黒田昌彦院長は「自分の歯を維持するのが一番。そのコストと思えば定期的な通院は高くないはず」と話す。
歯の状態は個人によって千差万別。どんな治療を受けたいかも様々だ。納得できる治療を受けるために、治療前には歯科医に十分な説明を求める姿勢も大切だろう。

【日本経済新聞】



歯科では既に混合診療となっているとの論調です。
歯科界内部でも整理してない為にこんな考え方になっています。
by kura0412 | 2013-06-10 11:11 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412