また、春の雪

3月25日、お彼岸も終わり、桜の開花を予想する頃なのに朝から吹雪です。この二週間ぐらいで、積もっていた雪もかなり消え、春めいてきた天候にほっとしたものを感じていただけに、この繰り返す春の雪は、ボデーブローのように効いてきます。
そして、雪解けから現れてきた、地震なのか、雪が原因なのか分からない、道路、地面、そして建物のあちらこちらに見える傷跡は、予想を遥かに超えるものでした。恐らく、地域の皆さんも、精神的にぎりぎりのところに来ているかもしれません。
復興を本格化する前に、まず、この地域の皆さんの復興に対する気持ちを、どう保つか?それを模索しなければいけないようです。
by kura0412 | 2005-03-25 11:02 | 中越 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412