やはり

やはり、ライブドアのニッポン放送の経営権取得がついに現実を帯びてきました。
株取得の50%越えは、村上フアンドの存在で、私はこの勝負はライブ側の勝ちと予想はしていましたが、実際、堀江社長が「この勝負は詰んでいる」と豪語していたのがブラフではないことが、ここに証明された感じです。ニッポン放送、フジテレビの危機管理不足でした。
まだ、堀江氏は30歳の前半、近鉄球団買収から一躍日本全体の視線を始めた同氏ですが、ただの暴れん坊ではなかったようで、次に何が飛び出すか?非常に興味が出てきました。ただ、これだけ派手にやると周りから潰されるのが世の常、果たしてどんな経済界からの反応があるか?
こんな事例をみると、歯科医師会もモタモタすると、乗っ取りとは言いませんが、昨年の事件を発端に別組織を作られ、大変なことになること??IT関連や、マスメデイアのように発展性が予測されるわけではないので、そんな魅力のある世界と捉えられず、可能性は???
by kura0412 | 2005-03-17 08:36 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412