明日の試合だけは

明日は、北朝鮮とのサッカーのワールドカップ予選です。拉致問題が硬直化し、経済制裁の意見が高まる中での試合ですので、単に、スポーツだけの見方でなく、社会的な注目も浴びています。
そのニュースの中でインタビューを受けていた在日朝鮮人で、今年から名古屋グランパスに移籍した、元アルビレックス新潟の安英学選手とは、あるバスケットの選手から紹介され、一度食事をして以来、電話を掛け合う仲です。
私も、ゴルフ、バスケットなど、他のスポーツ選手とも交流がありますが、アルビの中でも、三本指に入る人気者でしたが、彼のスポーツ選手としての態度と、人間性は、間違いなくトップクラスです。日本と北朝鮮という違いはあっても、国を、国旗を背負いながら戦うことの出来る人間だと思います。
正直、私は、北朝鮮という国は好きになれません。しかし、こと、明日の試合に関しては、拉致問題も、核疑惑も全て忘れて、安選手がプレーする北朝鮮を応援しようと思います。
恐らく、今の彼の頭の中は、現在の両国間の関係とか何もかも関係なく、国を代表するサッカー選手としていいプレーをしよう!それだけだと思います。明日は、何かを得て、サッカー選手として、人間として、一歩ステップアップした選手になれるプレーを期待します。
by kura0412 | 2005-02-08 10:49 | スポーツ | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412