一年経過しても

昨日、都道府県歯科医師連盟会長会議を傍聴してきました。
冒頭、今回の臼田前会長以下の退会届受理した今回の日歯連盟、日歯の判断に対して、異論が続出しました。大久保日歯連盟会長は、連盟は日歯受理の為、どうすることも出来ず受理したことをあえて言明せず、他の金銭的な問題との兼ね合いで苦慮した結果だったと説明していました。今回の日歯、日歯連盟の決定に対しては、私のところにも多くの先生方から、怒りに近い感じで意見が届いています。
裁定審議会の開催、裁判の判決、そして、医道審議会と、まだ、臼田氏らへの処分、判断のハードルがあるだけに、退会受理、役員退職金辞退、それだけでは終わりそうのない様相です。
一昨日で、丁度、東京地検が、日歯連盟に家宅捜索が入って一年経過しました。ままだ歯科界の中では事件が続いています。
by kura0412 | 2005-02-04 12:03 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412