医科の関係者はどう思っているでしょうか

歯学部入学者数、私立の4割で募集人員割れ- 文科省集計

全国に17ある私立大歯学部の約4割に当たる7つの歯学部で、今年度の入学者数が募集人員を下回ったことが、文部科学省の集計で分かった。募集人員割れの歯学部は昨年度から3か所減少したが、中には募集人員の2割に満たないケースもあった。

同省の集計によると、今年度の入学者数が募集人員を割り込んだのは、▽北海道医療大(募集人員に対する充足率67.5%)▽岩手医科大(61.4%)▽奥羽大(16.7%)▽神奈川歯科大(81.0%)▽鶴見大(65.2%)▽愛知学院大(91.4%)▽福岡歯科大(99%)-の各歯学部。これに対して国立大では今年度、11校すべての歯学部で定員を満たした。
奥羽大では、募集人員96人に対して志願者数が29人にとどまり、実際に入学したのは16人だった。
入学者数が募集人員を割り込む私立大歯学部の数は、2009年度12、10年度11、11年度10と推移している。

■歯科医師国家試験の合格率は3-9割台、私立大が苦戦
一方、今年2月に行われた歯科医師国家試験の合格率(既卒を含む)を大学・歯学部ごとに見ると、3-9割台と開きがあった。国公立と私立を合わせた29の歯学部のうち、最高は東京歯科大の97.4%で、最低は松本歯科大の32.8%だった。29歯学部での平均は71.1%。
国立大11校と、公立の九州歯科大ではいずれも平均を上回ったが、私立では全体の64.7%に当たる11の歯学部で下回った。

歯学教育の改善・充実をめぐっては、文科省の会議が09年1月にまとめた第1次報告の中で、学生の確保が困難だったり、国家試験の合格率が低迷したりしている大学による入学定員の見直しを提言した。
大学側の取り組み状況をフォローアップするため、同会議は今年7月に小委を設置。小委では今後、幾つかの歯学部をピックアップし、10月にかけてヒアリングや実地調査を行う。小委による調査報告書は、同省が12月をめどに公表する。

【キャリアブレイン】



定数不足の学校ある中で、その一方、定数超えて入学者数確保し大学もあり、入学、授業料などかなり減額されての今年の入試状況です。
そして、急激に受験者数が減少した現在の5年生あたりの国家試験の結果が今から気になります。
by kura0412 | 2012-08-16 18:14 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412