生命保険、損害保険、銀行に介護事業を加え

ソニーフィナンシャルHD、介護事業参入へ- 13年度めど

生命保険、損害保険、銀行の3事業を手掛ける「ソニーフィナンシャルホールディングス」は4日、2013年度をめどに介護事業に参入すると発表した。「将来的には、既存3事業に次ぐ、第4の柱にすることを目指す」(井原勝美社長)方針だ。

既に専門部署を設け、参入に向けた検討に着手した。具体的には、M&A(企業の合併・買収)か提携によって、介護付有料老人ホームや通所介護を手掛ける考えで、「10年程度で、数十億円規模の経常利益を生む部門に育てたい」(広報・IR担当)という。
保険会社の介護事業参入をめぐっては、明治安田生命保険が今年3月に東京都立川市の介護付有料老人ホーム運営企業を子会社化している。

【キャリアブレイン】



介護に保険を絡めた事業展開を考えいるのだと思います。このままだと歯科は段々置いていかれそうな印象です。
by kura0412 | 2012-06-05 18:06 | 介護 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412