介護大手はイケイケどんどん

ベネッセ介護、5年後に売上高1千億円目標

ベネッセホールディングス(HD)は2日の決算説明会で、5年後の2017年3月期に、「シニア・介護事業領域」で売上高1000億円を目指す方針を示した。
介護付有料老人ホームを年間で25施設程度開設するほか、食事や介護用品といった周辺事業に乗り出すことで、達成を目指す。

また、同日の説明会では、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の運営を開始する方針を明らかにした。13年3月期中に、1施設を開設する予定。ただ、福原賢一副社長兼CFOは、サ高住について、「(介護付有料老人)ホームが集まっているエリアで展開する。多く造ればいいとは考えていない」と述べ、事業の中心には据えないとの考えを示した。

■12年3月期業績は13%増収
ベネッセHDが同日発表した12年3月期通期の連結業績によると、シニア・介護事業領域の売上高は、前期比13.0%増の665億3900万円、営業利益は14.5%増の46億6800万円だった。低価格帯介護付有料老人ホームの新シリーズ「ここち」4施設など、計20施設を増やし、3月末時点の運営数は224施設に達した。
シニア・介護事業領域の13年3月期通期の業績予想は、売上高が14.4%増の761億円、営業利益が15.7%増の54億円を見込む。サ高住1施設、「ここち」5施設など、計26施設の増加を計画している。
グループ全体の12年3月期通期の連結売上高は2.6%増の4237億600万円、営業利益は21.2%減の337億9700万円だった。13年3月期通期の業績予想は、売上高が8.3%増の4590億円、営業利益が18.4%増の400億円の見通し。

【キャリアブレイン】



介護事業大手は右上がりの目標をもってイケイケどんどんの世界のようです。
但し、そう計画通りにさせてくれないのが厚生行政であることもお忘れなく。
by kura0412 | 2012-05-07 17:55 | 介護 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412