『要介護者8割「食事中むせた」』

要介護者8割「食事中むせた」

要介護者の8割が食事中にむせた経験がある-。
日清オイリオ(東京都中央区)が高齢者を在宅介護している人に行った介護食に関する調査で、こんな結果が出た。

調査は昨年12月、飲み込む機能が低下している60歳以上の要介護者(要介護度1~3)を在宅で介護し、介護食を介護者本人が作っている100人を対象に実施した。
それによると、食事中でむせるのは、「食事を食べているとき」が49%、「お茶や水、汁物などの水分を飲むとき」が29%で、水分でむせる人も多くいた。介護食を作るときに工夫している点(複数回答)は、食材のかたさ(61%)▽栄養バランス(58%)▽大きさ(53%)-の順で、飲み物のむせ対策である「汁物や飲み物のとろみ」は27%だった。
介護食作りで困っている点(同)は、手間がかかる(57%)▽時間がない(30%)▽適切なかたさや大きさが分からない(26%)-の順に多かった。
和洋女子大学の柳沢幸江教授(健康栄養学類)は「飲み込む機能が低下した人は、お茶や汁物、煮汁などの液状の食べ物は誤嚥(ごえん)を引き起こしやすく、むせの原因になる。汁気の多い料理やお茶に少しとろみをつけることで誤嚥の防止になる」とアドバイスしている。

【msnニュース】



この調査に口腔内の状況が加わったなら更に面白い結果が出るかもしれません。
しかし摂食嚥下に問題がある要介護者がこれだけいるとは、まだまだ手のついていない分野です。
by kura0412 | 2012-01-31 16:31 | 介護 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412