引き下げ検討との報道ですが

診療報酬引き下げ検討 12年度、賃金低迷とデフレで

政府、民主党は1日、公的医療保険から病院や薬局などに支払われる診療報酬について、2012年度改定で引き下げることを視野に検討に入った。

賃金の低迷が続き、デフレ脱却のめども立たないため、医療機関の収入増を図ることに国民の理解を得るのは難しいと判断した。東日本大震災からの復興に巨額の費用が見込まれ、医療費の一部を負担する国の財政が逼迫している事情もある。
ただ、党の厚生労働部門を中心に、プラス改定を主張する意見も根強く、年末の予算編成まで激しい折衝が続きそうだ。
医療費の財源は保険料が49%、税が37%、患者負担は14%。

【共同通信】



厚労大臣はプラス改定を明言しているだけに、ここにある政府とは財務省筋だと思います。では、この時期に民主党内でこれを主張するのは誰でしょうか。
他のマスコミでは、今朝のところはこの報道はありません。
by kura0412 | 2011-11-02 09:08 | Comments(0)