歯科の中医協の審議は11月後半に

【中医協】医療・介護連携は11月から審議- 報酬改定に向け検討項目を決定

中央社会保険医療協議会(中医協、会長=森田朗・東大大学院教授)は9月28日の総会で、2012年度診療報酬改定に向けた具体的な検討項目とスケジュールを決めた。介護報酬との同時改定で焦点となる医療・介護の連携は、11月後半から12月前半にかけて審議する。

12年度報酬改定の基本方針を策定する社会保障審議会の医療部会と医療保険部会は、
▽充実が求められる領域の適切な評価▽医療・介護の機能分化と連携の推進―など4つの視点を10年度報酬改定から継続しながら、社会保障と税の一体改革成案に盛り込まれた医療提供体制の見直し、東日本大震災を踏まえた災害に強い医療提供体制の構築についても議論を進める方針。
厚生労働省が示したスケジュールによると、中医協もこれに沿ったテーマごとに、10月から12月前半にかけて検討を進める。

充実が求められる領域の適切な評価では、10月前半に救急・周産期医療、同月後半にがん医療、感染症対策、生活習慣病対策、11月前半に認知症医療、精神科医療、同月後半に歯科医療、調剤報酬、12月前半にリハビリテーションについて議論。医療・介護の機能分化と連携では、11月前半に在宅医療や訪問看護について審議し、その後、医療・介護連携の検討を進める。
一体改革成案に盛り込まれた医療提供体制の見直しは、10月前半に検討に着手し、11月後半に、▽入院診療▽外来診療▽地域に配慮した評価―に分けて集中的に議論する。
災害に強い医療提供体制の構築については、10月後半に審議する。
このほか、レセプト並み明細書の無料発行は10月前半、患者への相談支援体制は11月前半、平均在院日数の減少は同月後半、医療従事者の負担軽減、チーム医療は12月前半に議論する。

【キャリアブレイン】




中医協での歯科の審議は11月後半というスケジュールのようです。
しかし、医科は未だ改定延期の旗を降ろしていません。どうするつもりなのでしょうか。それとも実態調査の結果を待って判断するつもりなのでしょうか。
by kura0412 | 2011-09-29 09:42 | 歯科医療政策 | Comments(0)