先を見すえての議論も大切ですが

先を見すえて(4/13掲載)
----------------------------------
「緊張続く中……過度な自粛から、復興構想へ」

東日本大震災が発生して、ブログによる私自身の発信は控えてきました。
懸命に対応に取り組んでいた上に、多くの情報が飛び交う状況が続く中での混乱を避けるためです。1か月を経過した今も緊張状態は続いており、震災や原発事故への対応には今後も全力を傾けますが、少しずつブログも再開します。

昨日の記者会見で私は、被災地への思いやりの気持ちを持ちつつ、過度の自粛ムードはやめにしようと呼びかけました。過度の自粛ムードは、消費を減退させ日本全体の景気を冷え込ませます。逆に、被災地の産品を購入し、楽しむことは、被災地に対する支援になるからです。

明日は、復興構想会議の初会合を開きます。14人の委員の皆さんに、梅原猛特別顧問や私も加わって、先を見すえた議論を始めます。

【KAN-FULL BLOG】



先を見据えての議論も大切ですが、その前に原発事故問題に一応の目途をつけるのが先決であり、少なくてもこの事故がどの程度の期間を必要とするかを示めさないでの議論は空論でしかありません。まだまだ喫緊の課題が山積したままです。
by kura0412 | 2011-04-14 18:36 | 地震 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412