小千谷市内の診療所の状況

まだ余震が続いています。特に朝の震度5の余震は、ようやく落ち着き始めた矢先で、被災民全体が実害より精神的ダメージは大きいものがあります。明日の臨時診療所開設の打ち合せの為、今日数名の地元の先生方と、被災してから初めて逢いました。九死に一生の先生もおられ、診療所のビル内部全部が崩壊した先生もいたようです。その状況はまちまちですが、診療所再開はまだまだ先のようです。さすがに少し疲れが出てきました。しかし電気が復旧し、ようやく家の中で寝ることが出来ます。厳しい状況ですが、半歩前進と思うようにします。
Commented at 2004-10-28 19:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kura0412 at 2004-10-29 10:13
先生の友情がどんな形で表われるか楽しみにしています。(笑い)
by kura0412 | 2004-10-27 22:03 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412