第三者の測定値、考えを前面にだすことも

住民避難「安全距離は32キロ」 米原子力規制委員長

米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は30日、上院歳出委員会公聴会で証言し、福島第一原発の事故に伴う住民の避難に関して「現在得られているデータは、安全距離が約20マイル(約32キロ)であることを示し続けている」と述べた。
一方で米政府が今月16日、原発から「50マイル(約80キロ)以内」にいる米国民に避難勧告を出した際の根拠とされたNRC勧告については「限られた情報に基づくもので、慎重かつ妥当なものだった」と述べた。日本政府は半径20キロ圏内の住民に避難指示を出しているが、NRCの広報担当者は「事態は流動的であり、NRCの勧告は変わらない」としている。

【asahi.com】




福島原発事故での東電、政府発表に対して世界の目、そして国民の信頼がなくなっている現在、IAEAやアメリカ、フランスなどの第三者の測定値、考え方を前面に出すことも一考かもしれません。
一般的に知識が乏しい原子力問題を上手く広報できなくなって、事故の問題を更に複雑化しただけに、面子捨てるしかありません。
by kura0412 | 2011-03-31 15:46 | 地震 | Comments(0)