『否定出来ません』

東北地震後、記者会見で「否定出来ない」という言葉をよく聞きます。

特に記者からの突っ込みの質問を受けた時などは、「否定できません」が、その返答の殺し文句のように使わて、逆にこの言葉が被災地の方々、国民を不安を煽ってしまっています。
ただ、福島原発事故での今後の事故の推移予測と、水道水汚染とを同じように発してそれを同意語として捉えるのには疑問を感じます。
前者は全く予測できない、分からないから為であり、後者は相手が人体ということでの使われ方です。
われわれも臨床で患者さんへの説明に時として使用することありますが、心の中では「そんな反応は聞いたことないし、まずあり得ない」と思っても、「否定できません」ということになります。

しかし、とはいうものの「被害の推移は分かりません」とも言えませんし、「人体に影響は全くありません」とも言えません。何かこの二つを使い分けるいい言葉はないものでしょうか。
by kura0412 | 2011-03-26 15:27 | 思うこと | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412