「ボランティア入る段階にない」

東日本大震災:「ボランティア入る段階にない」無念の帰宅

東日本大震災被災者の支援を模索するため、13日に福島県南相馬市に入った兵庫県災害救援専門ボランティアコーディネーターの高砂春美さん(65)=西宮市=が見た現地の状況だ。「原発に対する知識もなく、残念ながらボランティアが入れる段階ではない」と帰宅し、肩を落とした。

高砂さんは阪神大震災(95年)で、神戸市東灘区の魚崎小避難所のリーダーとして活動。東日本大震災では津波で大きな被害を受けた南相馬市に単身で入り、現地で調達した自転車で7カ所の避難所を回った。
12日夜に、福島第1原発周囲の避難指示が半径10キロから20キロに拡大され、同市南部が対象地域になった。同市北部の避難所は、南部などから移動してきた人たちであふれ、約150台の車の中で被災者が寝泊まりしていた。ガソリンが手に入らず、歩いて避難してきた人もいた。
「薬が切れた。どうしたらいい」と泣きながら相談されたが、処方できる医師がいなかった。津波からの避難を呼び掛ける警報が時折鳴り響くが、テレビのない避難所では、情報が全く入らない。
14日朝、和歌山県の「紀州梅の郷救助隊」と合流。相馬市のボランティアセンターに行くと「被災者のニーズがつかめていない」と混乱していた。
宮城などに向かうつもりだったが、原発の危険性も増して断念せざるをえず、15日未明、自宅にたどり着いた。
高砂さんは「避難を指示するのはいいが、その後の行政のフォローができていない。阪神大震災の教訓が生かされていない」と指摘した。

【毎日jp】



この記事をみても自主的な支援の動きは、まずは燃料が被災地に行き渡った後が良いようです。
by kura0412 | 2011-03-18 11:46 | 地震 | Comments(0)