被災地は医療資材も不足に

「前線では医療資材、物資が完全に不足」- 眞野・宮城県病薬副会長

日本病院薬剤師会(日病薬)は3月17日、東日本大震災後の医薬品の供給状況について、宮城、岩手、秋田、山形の4県の病院薬剤師会会長や副会長から寄せられたメールの内容を公表した。眞野成康・宮城県病薬副会長(東北大病院)は15日付のメールで、「前線では医薬品を含む医療資材、物資が完全に不足している」と報告している。

眞野副会長は、医薬品の供給体制が不安定かつ不十分なのは、運送における燃料不足が主な原因と指摘。さらに、「仙台の卸の倉庫は壊滅的な打撃を受けているが、それでも崩れた医薬品の山からかき集めて自転車で当院まで運んでくれているような状況」と報告している。その上で、「本当であれば、ヘリでも使って必要な医薬品をこちらに運ぶよう手配してほしいところだが、国の縦割り組織は残念ながらそういうところはとても苦手なようだ」としている。
また、医療体制を構築するところまで至っておらず、東北大病院が前線の石巻赤十字病院や気仙沼市立病院と連携して構築を進めており、東北大病院から毎日、数十人規模の医療チームを前線に派遣しているという。
さらに、断水の影響から透析患者が危険な状態にあり、東北大病院を含む県内数か所ですべての患者を引き受けている状況で、関連薬剤も不足しているという。今後については、避難中の人々へのケアが重要になるとした上で、経口抗菌剤や降圧剤などが必要になるとの見通しを示した。
さらに、16日付のメールでは、避難所で対応に当たっている薬剤師からの報告を受け、通信が遮断されている影響から、厚生労働省の事務連絡を現場が把握できない状況にあり、「避難所の被災者の病状の悪化に一役買っていることは間違いない上、トリアージに対応している拠点病院の薬剤師業務量を増大させているようだ」と指摘。また、降圧薬、プレドニン(ステロイド剤)、血糖測定器などが必要としている。
 このほか、東北大病院への医薬品の供給については、16日時点でも不安定としており、「通常に比べて50%以下しか入って来ない状況」としている。

■岩手、「納入状況は満足のいくものでない」
また、工藤賢三・岩手県病薬会長(岩手医科大附属病院)は「三陸沿岸はかなりひどい状況」とした上で、岩手県立の山田病院、大槌病院、高田病院は「被災による病院機能停止で診療ができない状態」、岩手県立の大船渡病院、釜石病院、宮古病院は「何とか医薬品などの供給を受けて診療を行っているようだ」と報告。
 医薬品の流通状況については、ガソリンや軽油の不足による物流の停滞で、不足している状態が続いており、「少しずつは改善しているようだが、欠品が続き、納入状況は決して満足のいけるものではない」としている。

■秋田は「若干の遅配」、山形は「不足」
菅原信幸・秋田県病薬会長(飯川病院)は16日付のメールで、秋田県の現状について「各病院の被害はなかった」と報告した。医薬品の供給状況については、「現段階では若干の遅配はあるが、特に入手困難な状況ではない」ものの、包帯やマスクなどの衛生材料は不足しているという。また、ガソリン不足が深刻になりつつあるとしており、「今後の物流に大きく影響してくると思われる」とした。
このほか、白石正・山形県病薬会長(山形大医学部附属病院)は16日付のメールで、「山形県内は大きな被害は出ていないが、福島方面から山形へ避難する人が多くなっている」ことを明らかにした上で、ガソリン不足の影響を受け、医薬品、医療材料が不足していると報告した。

【キャリアブレイン】



物資不足の根源はガソリン不足にあるようです。衛生状態も悪いはずです。食料、燃料と共に、医療資材の供給の一刻も早く改善すること願っています。
by kura0412 | 2011-03-18 09:12 | 地震 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412