雪いろいろ

日本海側で大雪 平野部でも積雪の恐れ 暴風雪に警戒

発達した低気圧の影響で、12日から13日にかけて北日本から西日本の広い地域で雪を伴った非常に強い風が吹くとして、気象庁は暴風雪や積雪による交通障害に警戒を呼びかけた。

気象庁によると、関東の東で発達しながら北東に移動中の低気圧は12日夕に三陸沖に達し、日本付近は強い冬型の気圧配置になる見込み。また、山陰沖で急速に発達している別の低気圧も、12日朝に西日本に進むという。
このため12日は全国的に強い風が吹くほか、日本海側を中心に大雪となり、太平洋側の平野部でも積雪の恐れがあるという。
13日午前6時までの降雪量は多い地域で、北海道、近畿50センチ▽北陸、中国40センチ▽東北、東海、関東甲信、九州北部30センチ▽四国20センチ-の予想。
また、13日にかけて北日本と西日本で最大風速20メートル、東日本では同15メートルの強風が予想されている。

【産経ニュース】



都内でも雪が降ったというニュースです。一方、私の地元では、



小千谷市豪雪災害対策本部を設置しました
長引く寒波の影響で、1月27日午前9時現在の指定観測所(元中子、池ケ原、塩谷)の平均積雪深が314cmとなり、災害救助法適用判断基準の308cmを超えたため、市民生活に影響を及ぼすと判断されることから、1月21日に設置した「小千谷市豪雪警戒本部」を、1月27日 午前9時30分をもって「小千谷市豪雪災害対策本部」に移行しました。

【小千谷市役所HP】


私の診療所はこの三分の二位でしたが、今月に入って随分積雪は減りました。
by kura0412 | 2011-02-12 10:23 | 思うこと | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412