この基本的な視点で歯科は

12年度介護報酬改定の基本的視点提示

厚生労働省は2月7日、社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長=大森彌・東大名誉教授)に、2012年度の介護報酬改定に向けた議論の基本的な視点と配慮すべき点を示した。
大森分科会長の指示で厚労省が作成したもので、地域包括ケアシステムの実現を目標に掲げている。同分科会では今後、各委員からの意見を聴取した上で、論点を整理する運びだ。

示された基本的な視点と配慮すべき点は次の通り。
【基本的な視点】
地域で介護を支える体制を構築する(地域包括ケアシステムの基盤整備)
▽医療と介護の役割分担・連携により、効率的で利用者にふさわしいサービスを提供する
▽質の高いサービスを確保するため、利用者、事業者、サービス提供者の努力を促すようなインセンティブを付与する
▽認知症にふさわしいサービスを提供する
▽地域間、サービス間のバランス・公平性に配慮する
【配慮すべき点】
給付の重点化を図る▽新たな報酬の設定のみならず、既存の報酬の点検を併せて行う▽エビデンスに基づいた説得力のある議論を行う▽06年改定、09年改定の検証を行う

【キャリアブレイン】



既に、続々とW改定での介護保険についての骨格が定まってきます。歯科は何を求めるのでしょうか。
by kura0412 | 2011-02-09 09:01 | 歯科医療政策 | Comments(0)